歯周病とは

歯周病は、歯肉や歯槽骨など、歯を支えている組織に起こる病気です。
軽度の場合は、たまに歯肉が腫れたり出血があり、中程度になると歯肉が炎症し腫れます。また、歯磨きの時、すぐに出血するなどの症状があります。さらに進行が進み、重度になると、歯肉の深いところまで腫れ、口臭も強くなります。そして、少しの衝動で出血したり、歯が動くなどの症状がみられ、最後には、歯が抜け落ちてしまいます。

※歯周ポケットの深さにより治療内容が異なる為、保険治療か自費治療かは、
 歯周ポケットの深さにより変わります。

◎歯周病の進行
健康な歯 軽度(歯肉炎) 中程度(歯周病) 重度(歯周病)
毎日のブラッシングと定期点検により、健康な歯を保ちましょう。 歯石や歯垢の付着により、歯茎が腫れています。 歯槽骨が溶けはじめ、歯と歯茎の間に溝が出来始めています。 歯槽骨が更に溶け、歯肉は化膿し、歯がぐらぐらしています。

歯周病の治療 [ SRP(軽度〜中度の歯周病) ]

SRPとは、スケーリングとルートプレーニングの略で、歯肉内部の清掃の事です。
スケーリングで、歯石を取り除いた後、ルートプレーニングを行い表面を平らにし、歯石を付きにくくします。

◎SRPの流れ

スケーリング

超音波スケーラーを使用し、歯に付着したプラークや歯石、沈着物を除去、洗浄を行います。

 

ルートプレーニング

プラークや歯石などによって汚染されたセメント質を除去し、歯根の表面をツルツルにします。

 

メンテナンス

歯周病の再発防止と健康な状態維持の為、定期的な検査と予防が必要です。ブラッシングや、歯のクリーニング(PMTC)により、歯垢や歯石の除去が出来ます。

歯周病の治療 [ SRP(軽度〜中度の歯周病) ]

歯周病が進行して、スケーリングやルートプレーニングの治療で改善が見られなかった部分に対して、歯周外科治療(フラップ手術)が必要となってきます。

◎フラップ手術の流れ
歯肉(フラップ)を切開します。
 
歯肉(フラップ)を剥離します
 
SRP(スケーリング・ルートプレーニング)を行います。
 
歯肉(フラップ)を縫合します

歯周病疾患チェックリスト

口臭が気になる
歯垢や歯石が付いている
歯茎を押したとき血や膿が出る
口の中がネバネバする
歯磨きの時、血が出る
歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
硬いものがかみづらい
歯茎が腫れている
歯が長くなった気がする
歯がグラグラする
歯がしみる

あてはまるものが、
1〜2個  ・・・ 歯肉炎か軽度の歯周炎の可能性があります。
3〜5個  ・・・ 中等度の歯周炎の可能性があります。
6個以上  ・・・ 重度の歯周炎の可能性があります。

痛くない歯石除去

超音波スケーラー(EMS Piezon 250) 超音波スケーラーは、歯肉縁上の歯垢や歯石を麻酔なしで痛みなく除去することが出来ます。

料金表

口臭予防(単発) ・・・ \14,700(60分)
歯周病コース(初期から中等度) ・・・ 4回まで¥14,700/回  4回以上¥12,600/回
※症状により増減します
歯周病再生外科治療(1ブロック) ・・・ \105,000〜
着色とバイオフィルム落としのクリーニング ・・・ ¥12,600/回
※3ヶ月以内のメンテナンス再クリーニングは20%オフになります